大人が勉強する方法【すきま時間、分散学習、アウトプット】

-Hack

以前にこんな記事を書きました。

実は学生時代の勉強意味あった【9教科学習最強説】

ここでも書いてある通り勉強は人生を豊かにしてくれます。コスパ最強です。

また、勉強している人としていない人の人生における成長と幸福については凄まじいほどの差があると思っています。

そこで今回は勉強法について書いていきます。勉強したいことがあるけど、
仕事などがあってまとまった時間がとれずなかなか勉強ができないという人にとっては特に役立つ内容となっています。

以前は私も勉強が満足にできない人間でしたが
この方法を実践することによって週14時間くらいは勉強時間を確保することができるようになりました。

忘れたころの勉強の方が頭に入る

忘れたころの勉強の方が頭に入る

忘却曲線について

人間には忘却曲線というものがあります。

一度勉強したことは徐々に忘れていきます。

実は忘れる前に復習を行うよりも忘れた頃に復習を行って思い出すことによってより記憶に定着するということが言われています。

なので、勉強をするのであれば毎日復習をするのではなく間隔を空けて復習を行う方が効果的です。

3日後と1週間後の復習で習得率がアップ

具体的にいうと3日後と1週間後の復習によって習得率がアップすると言われています。

まあ、あくまでこれは一般的な目安なのでもちろん個人差はあるかと思います。

なので、まずはこの間隔を目安にして自分なりに習得率の高い間隔で復習を行っていくのがオススメです。

分散学習がおすすめ

分散学習がおすすめ

忘れた頃の勉強については分散型学習を行うのもおすすめです。

まとめて勉強するよりも細切れで勉強した方が習得率が高い

実はまとまった時間にいっきに勉強をしたいと思う方が多いと思います。

しかし、実はまとまった時間での勉強はあまり学習効率が高くないです。

勉強は細切れに行った方が効果的なのです。

まとまった時間でいっきに勉強すると勉強中に最初の方の内容を忘れてしまったって経験は誰にでもあるかと思います。

読書の場合なんかも同様ですね。

まとまった時間の勉強よりも細切れの時間で勉強するほうが効率がいいというのは特に忙しい人にとっては朗報かと思います。

すきま時間を活かそう

細切れに勉強を行った方が効率がいいというのは忙しい人にとって朗報と書きました。

なぜなら隙間時間を活かすことができるからです。

忙しいという人でも例えば会社でのちょっとした休憩や移動の時間など小さな隙間時間というのは意外と多いと思います。

もしかすると今まではこの隙間時間をスマホゲームやコンテンツの消費に充ててしまっていたかもしれません(私はそうでした)。

しかし、この隙間時間を活かさないのはもったいないです。

これから人生を豊かにしていきたければ是非スマホゲームはアンインストールして隙間時間は勉強の時間に充てるようにしてください。

おすすめアプリ:分散学習帳

そうはいってもどうやって勉強すればいいかわからないという方にはオススメのアプリがあります。

分散学習帳です。

このアプリはメンタリストDaiGoさん監修のもので自動で忘却曲線にそってあらかじめ入力しておいた問題を出してくれます。

すきま時間での分散学習帳での勉強を習慣化してしまうと勉強の習得率が大幅に上がります。

おすすめアプリ:Kindle

次のおすすめアプリはKindleです。

知ってる方の方が多いと思いますがAmazonさん提供の電子書籍が読めるアプリです。

特におすすめなのがKindle Unlimitedへの登録。

月額980円ほどかかりますが本10冊まで借りることができて、
対象の本の中には役立つものがかなり多いので980円からのリターンがかなり多いです。

毎月1000円の本を1、2冊読むという人でも登録しておいた方がお得という計算になります。

勉強においてこれほどコスパ最強なものもなかなかないです。

アウトプットが大切

アウトプットが大切

結局のところ知識はアウトプットするのが一番身に付きます。

自分がよくやるアウトプット法を書いておきます。

勉強したことを実践してみる

まず一番やるべきことはこれでしょう。

結局のところ知識は実践しないと意味がありません。

ただ、そうは言っても実際やるのは難しいんだよって方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は是非とも自分が身につけた知識の中で一番簡単な物を選んでから実践してみてください。

いきなりできないことをやろうとすると難しく感じますができそうなことからやろうとすると徐々にできることが増えていくもんです。

簡単な事でも一つできたってのが成功体験になります。

そういった成功体験を重ねていって実践できることを増やしていきましょう。

私もまだまだ道の途中です。

身近な人に教える

友達とか家族とか身近な人に自分が得た知識を教えるというのもアウトプットになります。

自分が得た知識を言葉にして相手に伝えるのって自分の頭の中の情報の整理が必要になるんで、
そこでより身につくって感じになります。

たとえば今日読んだ本の内容を〇人に教えるとかゲーム感覚でやってみるのもおもろいんでオススメですよ。

学んだ知識を発信する

最後は私もやってるやつでまあブログとかで発信しようぜって話です。

ネット上で発信したら誰が見てるかわかりませんから自分の知識を本当に必要としている人にもしかしたら届くかもしれない。

自分の知識を必要としている誰かに知識の提供ができて、
さらにアウトプットしたことによって自分の知識の定着化にも役立ったらこんなにいい話はないですよね。

っていう理由で私はブログを書いております。

みなさんもブログじゃなくてもいいので何かしら発信してみるってのもオススメです。

ってなわけでこのへんで。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました