睡眠のメリットまとめ4選【睡眠はコスパ最強】

Health

睡眠がよいというのはわかってるけど、そもそも睡眠って具体的にはどんなメリットがあるの?

睡眠のメリットがどんなものか知りたくなった方はお読みください。

この記事を読むと睡眠のメリットがどんなものかわかります。

睡眠のメリット①:記憶力の向上

睡眠のメリットの1つは記憶力の向上。

完全にイコールではないですが、能力の向上と言い換えてもよいです。

未だに仕事で寝てない自慢をする人や

睡眠時間を削って勉強などをした方が物事は身につくという

科学的に何の意味もない精神論を振りかざす人がいます。

しかし、本来は睡眠時に記憶が定着するので寝た方がよほどよいのです。

睡眠をとった方が物事を覚えられるは古代から言われていた

古代の思想家のマルクス・ファビウス・クインティリアヌス様のありがたいお言葉

「うまくできないことも繰り返し練習することでうまくなるが、睡眠をとるとさらに上達する」

クインティリアヌス様は古代ローマの方で2000年以上も前の人物。

寝ないで仕事とか、寝てない自慢とか現代になってもアホな事いう人が多い中、

2000年以上も前の人物が睡眠の重要性について気づいていたわけです。

寝てない自慢する人は2000年以上遅れた考えを持ってますぜ。あかんですな。

また、これは科学的にも証明されております。

睡眠をとると記憶が定着するという実験結果

睡眠による学習の効率化を試したある実験。

実験内容:

  • 星型などの少し複雑な図形をマウスでなぞる
  • 見本の図を90度回転させて描く
  • 最初は上手くいかないが練習しているうちに慣れる

睡眠をとった場合

  • 寝ている間は練習できないにも関わらず寝る前より明らかに上達した!

睡眠をとることによる記憶の向上は確かにあるようなので、

一夜漬けなどせず寝るに越したことはなさそうですな。

睡眠によるメリット②:免役機能の改善

睡眠には免疫力を高める効果もあります。

というか、睡眠をとらないと免疫力が低くなって死にます。

どういう感じか以下でお話しします。

病気に強い身体を作るためには睡眠が不可欠

睡眠と免疫力に関しての研究で

「睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の人と比べて3倍以上風をひきやすい」というものがあります。

これはほんの一例でして、

他にもさまざまな研究で免疫力アップには睡眠がよいと言われております。

昨今コロナウイルスが世界的に流行っていますが、

睡眠をとり免疫力を高めるのも対策の1つになりそうです。

眠らない動物は感染症にかかって死ぬ

今は倫理的観点から行われていませんが、昔は動物を眠らせないとどうなるか?

といった動物実験もあったみたいです。

その実験では眠らせなかった動物はやせ細り、凍えるようになり、敗血症で死んだそうな。

敗血症の説明は省きますが、

要するに睡眠をとらない→免疫力が低くなる→敗血症にかかり死。という流れです。

それほどに睡眠は大事ということであります。

睡眠のメリット③:エネルギーを一定に保つ

体温などが一定に保たれるのは睡眠のおかげ

動物を眠らせなかった実験の例で凍えるようになったと書きましたが、

睡眠をとらないと体温などの身体の状態を一定に保つことができなくなります。

睡眠により肌の老化も減少

睡眠により身体の状態が一定に保つ、というのは肌などに関しても言えます。

肌を作るのは成長ホルモン。

この成長ホルモンは睡眠時によく出ますので、寝ないと老ける。

逆に言うと質のよい睡眠は老化を防ぐ効果があります。

睡眠によるメリット④:精神を健康に保つ

健全な精神は睡眠から

眠らないとイライラしたり、不安感が増します。

みなさんにも夜通し遊んだり、仕事や勉強で無理に起きていた経験はおありでしょう。

そして、その翌日は身体がだるく気分も優れない。

精神を健康に保つためにも睡眠が重要なのです。

眠らないとどうなるか

精神を健康に保つために睡眠が大切なのはわかったけど、眠らないとどうなるのか?

例を挙げると、ある11日間眠らなかった人物がいたそうです。

彼は最初の2、3日で精神の不調を訴えるようになります。

さらに数日が経つと妄想などの症状が現れます。

次に幻覚などが見えるようになるそうです。

ここまで寝なかった人はなかなかいないと思いますが、おそろしいですね。

さらに最終的には言語障害が発生。

そして、次に眠ったときは丸2日ほど眠りっぱなしだったそうです。

睡眠不足が脳に与えるダメージが壮絶であることがわかります。

私たちの精神活動は脳で行われます。

睡眠不足により脳がダメージを受ける=メンタルがダメージを受ける

と言い換えることができるのです。

うつと睡眠の密接な関係

睡眠とメンタルの話でいうと、睡眠とうつ病には密接な関係があるのです。

うつ病患者の大半は不眠の傾向があります。

不眠傾向の人は、不眠ではない人に比べてうつ病になる可能性が40倍高いとまでいわれているほどです。

これは脳の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうと、うつ病の原因になるからでしょう。

意欲や気分には「セロトニン」「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が必要。

睡眠による脳へのダメージで「セロトニン」「ノルアドレナリン」も十分に分泌されなくなるのです。

うつには他にも様々な原因がありますし、

私は専門家ではないので寝ればうつは治る!とまでは言えません。

ですが、睡眠不足がうつの大きな原因の1つであることは間違いありません。

つまり、眠っただけで精神が安定するとは言えないけど眠らないと確実に精神が不調になります。

→寝よう!ってことです。

睡眠のメリットがわかったら、今日から睡眠の質を上げていこう

ここまで読んでくださった方なら睡眠にどれだけメリットがあるかおわかりいただけたと思います。

まとめると

  • 記憶力の向上→学習、成長の為に必須
  • 免疫機能の向上→病気にならない為に必須
  • エネルギーを一定に保つ→健康の為にもアンチエイジングにも必須
  • 精神機能を健全に保つ→メンタルを健康に、うつにならないために必須

というメリットです。

どれも生きていく上では欠かせないメリットなので、

早速今日からよい睡眠をお取りいただければと思います。

ただ眠るだけでここまでの物が得られるのは控えめに言ってコスパ最強です。

もはや、睡眠不足な生活を続ける意味がわからない。

ちゃんと眠ってるはずなのに、なんだか疲れがとれないよ!

睡眠の質を上げる方法が知りたいよ!って方は

こちらの記事に書いてるのでご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました