日常レベルでしあわせを受け入れよう

-Hack

今日は日常にしあわせは溢れているというお話です。

いつもつまらない日常を送っている、毎日同じことの繰り返しで退屈だという方でも、
このブログを読むことで、今までは退屈だった普通の1日でも幸福度が上がります。

日常レベルでしあわせを感じられるもの

日常レベルでしあわせを感じられるもの

まずは日常レベルでしあわせを感じられるものを紹介していきます。

普段は意識を向けていないものも、

意識を向けてみると実は私たちをしあわせにしてくれます。

みなさんにとって身近なものや行うハードルが低いものばかりです。

空を眺める

まずは空。

憂鬱な気分でも、青い空を見るだけでもしあわせな気分は感じられます。

晴れている日は空を見るよう心がけてみてください。

今まで空なんか意識して見なかった人は、空の綺麗さに感動するはずです。

また空は毎日、毎分、毎秒、表情が変わります。

ぼーっと眺めていても意外と飽きないものです。

木々

これは森とか自然公園に行けというのではなく、観葉植物や街路樹でも十分です。

自然とのふれあいは私たちに癒しを与えます。

人間は実は緑色のもの、例えば緑茶のペットボトルを見ただけでも癒しの効果を得られるのです。

そのくらい緑に触れるのは大切なこと。

こちらも忙しい日々を過ごしていると意識しづらいですが、

是非街にある小さな自然に目を向けてください。

散歩

続いて散歩。

散歩にも人を癒す効果があります。

1日中歩いていない人、歩く機会の少ない人はまず散歩を習慣にしましょう。

散歩中に空を眺めたり、木々を眺めたりするとますます効果が高くなります。

またマインドフルネス瞑想の一種で歩行瞑想という物があります。

  • 歩くときの自分の身体がどう動いているか?
  • どのように呼吸をしているか?
  • 足の裏が地面に触れる時の感覚

等に意識を集中すると瞑想と同じようにメンタルの安定、前頭葉が大きくなり意志力の強化等の効果も狙えますので是非試してみてください。

ごはん

食事もしあわせになれる瞬間です。

忙しくてあまり食事に関心がなく、すぐに食べ終わってしまう人はゆっくり食べることを意識してみてください。

まず香りを楽しみ、味を楽しみ、食感を楽しみ、ゆっくりよく噛んで飲み込む。

本来人間は食事に幸福を感じられる生き物です。

よく味わってごはんを食べると何もない1日でも、その瞬間しあわせになれます。

「今日もおいしいごはんを食べられてしあわせだ!」なんて言えたらサイコーですよね!

食べることに関してもマインドフルイーティングと言われる物があり、メンタル安定、意志力増加などの瞑想効果が得られます。

本来、マインフルイーティングというと数時間かけて1食を食べたりするんですが、

そこまで食事に時間をかけるのは難しいと思うのでゆっくりよく噛みよく味わうを実践だけでも実践してみてください。

結局は受け取れるか受け取れないか

結局は受け取れるか受け取れないか

ここまで日常の小さなしあわせについて書いてみました。

空、木々、歩く、食べる。

1日の中でこの中のどれ一つとも接することがない人ってほとんどいないですよね。

>

でも、しあわせな人もいれば不幸な人もいる。

結局のところしあわせって受け取れるかどうかなんです。

私も精神的に不調になったこともありましたが、これらの知識を得たことにより日々しあわせを感じられるようになりました。

日々小さなしあわせを受け取ることを繰り返すと「しあわせの受け取り力」のような物が上がります。

そうするとますますしあわせになれる。

是非みなさんも日常の受け取り力を高めましょう。

日常のしあわせを受け取れるようになったら次にすること

日常のしあわせを受け取れるようになったら次にすること

しあわせを受け取ったら感謝

しあわせを受け取ったら感謝を忘れないようにしましょう。

空に感謝、木々に感謝、歩くことで得られたしあわせに感謝、おいしいごはんに感謝。

身の回りの人にも感謝しましょう。

家族、友人、恋人。

しあわせを受け取るようになれれば、次は周囲の人にしあわせと愛と感謝を届けましょう。

そうすることで自分がもっとしあわせになれます。

しあわせを受け取ったら行動

もちろん、しあわせを受け取ったら行動あるのみです。

日常のしあわせな物事だけでもしあわせを変えることはできますが、

自分の現実を変えたけえれば唯一の方法は行動です。

ある程度しあわせを受け取るとしたいことが見えてきたり、

もしくは行動する為に必要な元気が湧いてきます。

その段階まで行った方は是非自分の好きなことを見つけて、

好きなことに向かって行動を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました