過去にエネルギーを注ぐな

-Hack

今回は過去にエネルギーを注ぐな。というテーマで記事を書いていきます。

もっというと今現在を全力で生きて未来に進んでいきましょうって記事です。

いま現在行動できていない人っていうのは是非これ読んでモチベーション上げましょう。

過去にエネルギーを注いでも意味がない

過去にエネルギーを注いでも意味がない

過去にエネルギーを注いでも、意味ないです。

はい、次!

いや、嘘です。もうちょっとちゃんと書きます。

過去にエネルギーを注ぐ、具体的にいうと後悔していることなどをずっと思い出してしまうこと。

みなさんもありますよね。私もあります。

ですが、この時間ってすごく無駄なのです。

だって、その後悔って変えることできますか?

できませんよね?

おそらくその後悔を変える為の方法はタイムマシンの開発ではないかと思います。

しかし、私は学者でもないのでタイムマシンの開発に尽力したところで一生タイムマシンを発明することはできないでしょう。ここは明らかに諦めた方が賢明です。

そうすればどうすればよいかというと自分の視点を現在に向けるしかないのです。

なぜなら過去、現在、未来という時称の中で実在しているのは現在のみだからです。

過去や未来は実在しない。実在するのは現在のみ。

過去や未来は実在しない。実在するのは現在のみ。

過去や未来は現実には存在しません。

現実に存在するのは現在のみです。

過去を変えることができません。タイムマシンでも発明しない限りは。無理。

未来は変えることができます。

未来を変える為にはいま行動するしかありません。

だから、過去にエネルギーを注ぐわけにはいかないんですよ。

過去にエネルギーを注ぐという現在を過ごした自分よりも

いい未来を創るために行動するという現在を過ごした自分の方がよりよい未来を創ることができる。

至極当然の答えですよね。

ただ、この至極当然の答えができていない人がめちゃくちゃ多いのです。

過去にエネルギーを注がず、未来を変える為に「今」行動しましょう。

過去にエネルギーを注がない方法

過去にエネルギーを注がない方法

過去にエネルギーを注ぐなと言われても、どうしても考えてしまうというのが人の性かと思います。

いくつか私がやっている具体的に今現在を生きるための方法を提案します。

瞑想を行う

瞑想は今現在を生きるために最も簡単な方法ではないかと思います。

軽く手順を紹介しますと

1.座って力を抜く

2.呼吸や身体感覚に意識を集中する

3.呼吸や身体感覚から意識が離れたらゆっくりと意識を戻す

簡単に言っちゃうとこれだけです。

今現在の自分の感覚に集中する。

この間に過去の事が浮かんでも浮かんだことを無理矢理止めるのではなく、

浮かんでしまったという事実は受け止め、そのまま意識を呼吸や身体感覚に戻してください。

最近はGoogleなどの企業や経営者も瞑想を取り入れていますので、

科学的な信憑性もかなり高いです。

あらかじめ過去の事を考える時間を決めておく

過去の事がどうしても頭に浮かんでしまうのであれば、

あらかじめ過去の事を考える時間を決めておくというのも一つの手です。

たとえば夜の10時から1時間は過去の嫌な事を考える。

それ以外の時間は考えない。

考える時間を決めておくと意外と考える時間が減りますし、

考えてしまったとしてもすぐに「あ、考えるのは今日の夜10時からだった」と考えを簡単に止められるようになります。

筆記開示 浮かんでいることをひたすら書き出す習慣をつける

浮かんでいることをひたすら書き出す習慣をつけるというのもよいでしょう。

頭の中の整理されていない情報は頭を混乱させてしまうことがよくあります。

実は人間の脳は書き出すことによりアウトプットすると情報が整理されているようになるので、

書かないよりも書いた方がごちゃごちゃと過去の情報に振り回されることが少なくなります。

過去にエネルギーを注ぐな:まとめ

過去にエネルギーを注ぐな:まとめ

私も以前は過去の後悔に振り回されていたことがありましたが、

今では過去にエネルギーを注ぐということはほとんどなくなりました。

今回紹介した

瞑想

あらかじめ過去の事を考える時間を決めておく

筆記開示 浮かんでいることをひたすら書き出す習慣をつける

を日々実践するとそんな効能がありますので、

ここまで読んでくださった方は是非習慣に組み込んでみてください!

現在にエネルギーを注げるようになると、

よりよい未来に進める可能性がグッと高まりますよ!

タイトルとURLをコピーしました